ニキビで本当に辛い経験をした

私は22さいの男性です。私は学生時代に本当にニキビで辛い経験を沢山してきました。私の肌にニキビが出来始めたのは中学に入り少し時期がたってから顔の頬にすこしずつ赤い点みたいのが出来始めました。最初はまだニキビというものが当時の私にはあまり理解できなくて、ただ顔にできものができちゃったと思っていました。しかし、その赤いできものがどんどん顔中に広がっていきしだいに私もかなり気になるようになりました。これがわたしを高校三年まで苦しめるニキビとの戦いになることを当時の私はまだ知りもしませんでした。そして、なかなか治ることのないニキビに対して、私は鏡を見るたびに自分自身にストレスを感じはじめ、こんな肌やだと毎日おもうようになりました。腸内細菌叢でダイエット

学校じゃあニキビがない子の肌が本当にうらやましく思うことが沢山ありました。さらには、やっぱり顔にニキビがあることで人と目わや合わせながら話すのも恥ずかしくなってきたりして、なかなか目を合わせることができなかったり、特に思春期の頃が一番のピークだったのでやっぱり好きな人と話も自分からあまりできない状態もあり、そんな日々がやだくなりました。一時はニキビを潰したりしていた時期もありました。やっぱり潰すと早く治る気が当時はあったのですが、ある日親から潰すと後が残ると言われ、私は潰すのをやめました。その後もなかなかニキビは治ることもありませんでしたが、私はニキビとちゃんと向き合いながらニキビを絶対に治してやるという気持ちで学生時代は自分と戦って過ごしてきました。その結果だんだんニキビはなくなり、本当に嬉しかったです。

ニキビにならないようにするために必要なこと

ニキビにならないようにするために気を遣う必要があるのはいかにして顔を清潔に保つかが大事になってきます。
ですが、意外と多くの人はその事に気づかないでいるように思います。

特に自分はあまり脂性でないからそこまで顔を清潔にしなくても良いと思っている人が多いように思います。
ですが、実際にはもっと顔を清潔にしないとすぐにニキビができてしまいます。

ですから、これまでニキビを防ぐためにあまり洗顔に力を入れてこなかったという人は今後はもっと洗顔に力を入れて欲しいと思います。
それで多くの人はニキビができて困るという事もなくなると思います。

では、具体的にどういう風にして洗顔をしたら良いのかというと一番良いのはまずは朝起きたら必ず洗顔料を使って洗顔をするのが良いです。
それで寝ていた時に分泌した皮脂も綺麗に洗い流せるのでそれでかなりニキビができないようにできます。

そこにさらに日中のうちにもう1回洗顔する事でニキビができないくくなります。なぜなら、皮脂の分泌が多いのはやはり日中活動している時が一番多いからです。
そしてこれらに加えてさらに寝る前にもう一度洗顔すればほぼ完ぺきです。

それで特におでこは顔の中でも特に皮脂が出やすい部位なので頻繁におでこを洗うようにすると良いと思います。
そうすればニキビができやすいおでこにもニキビができにくくなるので本当におすすめです。

少なくとも私はそうやってこれまで顔にニキビができないようにできたのでおすすめです。

ずっとニキビに悩まされてました。

中学の時からずっとニキビに悩まされてきてました。洗顔とか化粧水とかをつけてちゃんとケアしているのに、次から次へとできてしまう状況でした。
思春期だから仕方ないのかとほぼほぼ諦めておりました。皮膚科に行っても結局薬もらって塗るだけなのであまり意味も感じられずでした。
高校の時に寮に入っている兄が実家に帰ってきたの「俺もずっとニキビに悩まされてたよ」と言われまして、でも兄の顔にはあまりニキビがなくて、
僕は「どうしたら治るの?」と聞いたら驚きの回答で「洗顔フォームを一切使っていない。お湯で流すだけにした」とのことでした。
それを聞いてから僕も洗顔フォームを一切使わずに、お湯だけで軽く流す程度にしました。
最初の一ヶ月はなんか違和感がありましたが、2ヶ月目から急にニキビができなくなってきたのです。
それ以来僕はずっと洗顔フォームを使って洗顔しないで10年ほど経ちましたが、
洗顔フォームを使うのをやめてからどんどんニキビも減っていき、大学の頃に友達にはなんでニキビができないの?と聞かれるたびに
「洗顔フォームで洗顔してない」と答えてます。だいたいの友達は「マジかよ、汚い。」とか「うそでしょ」とか半信半疑です。
美容関係の知り合いによると洗顔フォームで顔を洗いすぎると油がなくなってしまうとよくないと言っていました。
でもたまには使って洗った方がいいかもねとのことでした。
それからは月に1?2度だけ洗顔フォームで洗うようにしてます。

睡眠不足は色々な影響を及ぼす

少し前まで、私はニキビが沢山出来て困っていました。

私は仕事が終わった後、家に帰ってすぐに寝るのが嫌で、平日でも友人と遅くまで飲み歩いたり、家に帰っても一人でお酒を飲みながら、テレビやインターネットを見たり、ゲームをしたりしていました。深夜2時ごろになるとようやく就寝、毎朝6時半には起きていたので、基本的に休日以外は常時睡眠不足という状態でした。

そういう生活を続けていると、体調が悪くなるのは勿論のこと、顔のニキビも凄いことになっていました。

さすがに何とかしないといけないと思い、インターネットで調べたところ、睡眠不足はニキビの敵だということがわかりました。
また、ニキビ対策には良い睡眠を取ること、更には、22時頃~2時頃に肌を再生するためのホルモンは分泌されるので、その時間帯にキッチリと就寝することが重要だという情報を得ることができました。

それからは、なるべく早めに就寝するよう心がけるだけでなく、深く質の良い睡眠を取るため、自分に合った枕を購入したり、少し家の周りを走り、身体を疲れさせてから眠るようにしました。

そうすることで、ニキビは少しずつ改善されて行きました。
また、睡眠をキッチリと取ることで、体調を崩しにくくなりましたし、朝は食欲が湧き、会社でも最近凄く元気そうに見えると言われるようになりました。

睡眠の不足は色々なところに影響を及ぼすのだなと改めて感じました。
社会人なので、完全に毎日規則正しい生活をするというのは難しいですが、週に何日かでも、早く家に帰って、質の良い睡眠を取りたいところです。

ニキビが多いと髭が剃りづらい

私は、ニキビが出来やすい体質で、睡眠不足が続いたり、甘い物や脂分の多いものを沢山摂取すると、すぐにニキビが出来てしまいます。

顔に沢山ニキビが出来ると、見た目が良くないだけでなく、酷いものになると痛みも伴ってきますが、私の場合にはそれ以外にも問題がありました。

私は、毛深い方なのですが、中学生ぐらいから髭が生え始め、30代になった現在では、朝キレイに剃って出勤したとしても、夕方頃には少し髭が生えてきている状態になります。
私は仕事の関係上、人と会って話をしなければならないので、相手に悪い印象を持たれないよう、朝の髭剃りはとても大事です。

しかし、毎朝髭を剃っていて邪魔になるのがニキビです。
だいたいの日は電動のシェーバーで丁寧に剃るのですが、少し飛び出しているようなニキビに引っかかって出血するようなこともしばしばで、カミソリを使って剃った時には、本当に悲惨なことになります。

そもそも、相手に悪い印象を持たれないように一生懸命髭を剃っているのですが、顔から出血していたのでは話になりません。
また、顔に傷ができて、そこから菌が入って腫れてしまうようなこともありました。
その時は薬を塗ることで治りましたが、顔は目や脳などに近い部分でもありますし、下手をすると少しのケガから大事に至ることもありそうだなと、少し怖くなりました。

こういった経験から、私はなるべくニキビが出来ないように、そして、ニキビが出来た時は早めに治すように努力しています。
また、顔に剃り残しがあるのと同様、顔にニキビがあることも相手に悪い印象を与える可能性がありますし、ニキビを治すことは、相手に良い印象を与えることにとっても、顔に傷をつけないことにとっても有効なことだと思っています。
お尻ニキビを本気で治す

ニキビの有無で顔の印象がかなり変わる

私は、顔にニキビが有るか無いかで、こんなにも印象が変わってくるのかという体験をしたことがあります。

私の大学生時代の話なのですが、バイト先の女性の同僚に、最近本当に彼氏が欲しいと思っているので、誰か紹介してもらえないかという依頼を受けました。
私は、とりあえず自分の携帯に入っている、彼女のいない友人の写真を何人分か見せて、気に入った人を紹介することにしました。

彼女に何人かピックアップしてもらい、順に連絡していくと、その内の一人から「暇だから会ってみても良いよ。」という返事が来て、デートの約束を取り付けることができました。
彼女曰く、私が見せた写真の中では、彼が一番好みのタイプだったようで、少しテンションも上がっていました。

それからしばらくして、彼女は写真の彼とデートに行きました。

後日、彼女に彼はどうだったかと尋ねると、思っていたよりもイケメンではなかった、写真と少し違ったとのことで、結局交際には至らなかったようです。

私は、彼と学校で毎日会っていましたが、髪型も体重もそんなに変化はないように思っていました。
しかし、写真を見て気づいたことがあります。
彼は、写真に比べると、額や顎の辺りにかなりニキビが出ていました。彼曰く、夜勤のコンビニバイトが続いており、寝不足だったとのこと。
その後、彼女にも確認したところ、やはりニキビが沢山あるのが気になったとのことでした。

ニキビがある以外は、写真と全く違いはないのですが、有ると無いでこんなに印象が変わるのだなと感じずにはいられませんでした。
やはり、異性の目を意識するなら、ニキビ対策は万全にしておいた方が良さそうですね。

ニキビ予防は食生活から

私は非常にニキビが出来やすい体質で、暴飲暴食をしてしまうと、すぐに額や頬の辺りにニキビが出来てしまいます。
年末年始など、飲み会が続くような時期は、本当に顔中赤い斑点でいっぱいになるような状態です。

私は、そういうニキビが出来やすい体質を逆手に取り、ニキビが出来てきたということは、自分の身体にとってよくないものを摂取し過ぎていると思うようにしています。
そうすることで、ニキビも出にくくなり、だらしのない食生活をしてしまう自分を律することができるようになりました。

ニキビを作らないようにするためには、糖質が多いもの、脂っこいものを食べ過ぎないようにすることが非常に重要です。

私は人一倍スナック菓子が大好きで、ソファーに寝転がって、一日中テレビを見ながらスナック菓子を食べたり、ジュースを飲むことに幸せを感じるのですが、それではいけません。
ニキビが気になってきたら、そういったものを食べるのを控え、代わりに、なるべく豆類やチーズなど、皮脂の分泌を抑えてくれる働きがある、ミネラルの多いものを摂取し、お茶や水などを飲むようにしています。豆類やチーズは、テレビを見ながらつまむのにも丁度良いですしね。

お腹が空くのはなかなか抑えられないと思いますが、何か食べようと思った時に、糖質や脂分を避けるようにするだけでもかなり違います。
また、先程挙げたような、豆類やチーズなどはダイエットにも効果があるようなので、一石二鳥です。

ニキビが気になる方は、一度食生活を見直してみましょう。

中学生から高校生までニキビで苦しんだ体験談

私は、38歳の男性です。中学生から高校生までニキビで苦しんだ体験談を書いていきます。中学生になり、急に男性ホルモンが活発化していき、ニキビが顔と背中に大量にできてきてしまいました。中学では、ニキビのことでかなり、いじられてしまい、あだ名もニキビと言われてしまう始末でした。ニキビを潰していたらニキビのあとができてしまい、ニキビ跡のおうとつができてしまいました。それから、ニキビ対策の為、皮膚科にも受診しましたし、ビオレの洗顔もひたすらやりました。高校生の時はニキビ跡の過剰なコンプレックスがあり、外に出るのも嫌になってきてしまいました。高校三年生の時に、大学受験に必死になり、ニキビのことを忘れてしまいました。高校を卒業してからはニキビについて悩まなくなり、またニキビもできなくなっていきました。ニキビ跡は今でもありますが、仕方がないと思って暮らしています。ニキビは自分は中年になりなんとも思いませんが、若いときはニキビに関しては、かなりナイーブになってしまう気持ちもわからなくなくはありません。ニキビになって苦しんでいる人がいたら、自分がニキビの体験談をしたことを話していき、ニキビができても、人格がかわるわけではないから、堂々と生きていけばいいんだよと教えていきたいと思います。今思うと、ニキビになってみて、マイナスな出来事が私は、多かったですが、今ではニキビについていろいろと調べてニキビの治す方法を探しています。

ニキビはやっぱり辛いですね。

ニキビって出来ると厄介ですよね。
私は乾燥肌なので、ニキビは出来やすい方ではないです。
ただやはり体調が悪くなったり、乾燥肌だからと保湿し過ぎるとニキビが出来ます。

ニキビ1つで結構テンションが低くなります。
特に嫌なのが鼻の横や口周りに出来るのは辛いです。
目立つ場所にあると恥ずかしくなってしまいます。
人がニキビが出来ていてもそこまで気にはなりませんが、あっニキビがあるなあとは思いますね。
人のニキビは一瞬くらいしか思わないので、あまり気にしないことも大事だなと思います。

ニキビはコンシーラーで赤みなどは消せるので、多少のごまかしは効きますよね。
でも膿が出来ているようなニキビだと白いのでごまかしが効かないんですよね。
これが本当に厄介だと感じます。

膿があると潰したくなるので、迷います。
人によって膿は出した方がいいと言う人と、跡が残るからやめた方がいいと言いますよね。
若い時はついつい膿を出して、跡が残ったことがあります。
シミみたいになって結構辛いんですよね。

大人になってからはシミみたいになる方が嫌なので我慢は出来ます。
でもつい潰してしまうこともあります。
もし潰したらすぐオロナインを塗るようにしています。
どれくらい効果があるのか私はよくわかってはいませんが、オロナインはニキビに効果があるような気はします。
大体1日くらいで治りますし、跡も残っていないような気がします。

ニキビは出来ないように日頃から肌を清潔にしたり、保湿をし過ぎないことも大事かなと思います。

ニキビはスキンケアよりも体の中から治す

ニキビには間違ったスキンケアや化粧品が合わないといった外的要因と、不規則な生活や睡眠不足からくる内的要因とがあります。ニキビができるとついつい美容液やパックなどの特別なケアでニキビを治そうとしたり、化粧品をあれこれ試してしまいがちですが、これらが逆にニキビにとって刺激になってしまっているのです。私自身、ニキビがひどかった時には化粧品をシリーズで買ってあれこれ試していました。最初はニキビが改善されるかのように思えるのですが、段々と肌が慣れてくるにしたがって効果が感じられず新しい化粧品をまた探して、の繰り返しでお金ばかりつぎ込んで結局ニキビは治る気配がありませんでした。

私のニキビが治るきっかけとなったのは、仕事の異動でした。ニキビがひどいときはデスクワークでほとんど動くことがなかったのですが、異動になり立ち仕事で一日中忙しく動き回るような仕事になりました。最初のうちはすごくしんどかったのですが、慣れてくると体を動かすことで体の調子が整ってきたような気がしました。便秘や肩こりが治り、動き回って疲れるので夜は早めに眠ることができます。そして何よりも体の調子が整ってきたことで、新しいニキビができなくなりました。ニキビを治すために今までスキンケアばかりに気を取られていましたが、ニキビを治す一番の近道は規則正し生活をして睡眠をしっかりとって、体の調子を整えることだったのです。そして肌のターンオーバーも整ってきたためニキビ跡もだんだんとキレイになりました。ニキビはスキンケアよりも、体の中から治すほうが効果的です。